京都料理芽生会 京の伝統ともてなし、味を楽しめる京の食文化ポータルサイト トップページ

京都料理芽生会 会員ニュース

京都料理芽生会 会員ニュース 全国芽生会連合会 京都大会 絆2010 概要
大会スケジュール
25日 正副理事長会議
15時00分〜正副理事長会議(山ばな平八茶屋)
17時30分〜前夜祭(山ばな平八茶屋)
26日 大会式典・大懇親会
12時00分〜全国芽生会連合会 理事会
(京都ホテルオークラ)※昼食付
13時00分〜登録受付開始(京都ホテルオークラ)
14時30分〜大会式典(京都観世会館)
16時50分〜Hyper Space 555(平安神宮会館)
20時00分〜大懇親会(岡崎つる家)
22時30分〜二次会(祇園一力亭)
27日 エキスカーション
8時30分京都ホテルオークラ
(1階ロビー前集合)
9時00分出発
裏千家 今日庵 見学
大徳寺総見院 昼食(三友居 点心)
佐川美術館 見学(滋賀県守山市)
17時30分〜京都駅八条口前 解散
会場案内 周辺マップ01 周辺マップ02
会場ご案内

京都ホテルオークラ

京都市中京区河原町御池
TEL:075-211-5111
アクセス
地下鉄東西線、「京都市役所前」駅下車(ホテル地下2階と直結)

京都観世会館

京都市左京区岡崎円勝寺町44
TEL:075-771-6114
アクセス
地下鉄東西線、「東山」駅から
徒歩約5分

平安神宮 神宮会館

京都市左京区岡崎四天王町
TEL:075-752-3435
アクセス
京阪鴨東線、「神宮丸太町」駅
下車徒歩15分

京都岡崎 つるや

京都市左京区岡崎東天王町30
TEL:075-761-0171
アクセス
地下鉄東西線、「蹴上」駅から
北へ約1キロ

祇園 一力亭

京都市東山区祇園町南側569
TEL:075-561-0230
アクセス
京都市バス「祇園」下車、
徒歩3分
名称をクリックすると各施設のサイトがご覧いただけます。
主催者ご挨拶
全国芽生会連合会の第57回全国大会、及び京都芽生会55周年記念大会が、千年以上にわたって日本の都であった京都で開催されますことを大変楽しみにしております。
京都の四季折々の景色や自然の美しい風土によって生まれた精神性や哲学は、華道や茶道、そしてお料理等の日本独自の伝統文化を育んできたことと思います。
この地で集い、語らい、感性を養いひとり一人が発信者となり、また受信者として各地域に日本料理の伝統文化を伝えていくことが大切であると思います。
そして、京都には17社寺にも及ぶ世界文化遺産があります。何も宝物は世界文化遺産だけではありません。
芽生会での一つの出会いが、会員の皆様にとって大切な宝物になると信じております。
宝物を探しに京都に集いませんか?
京都の地でお待ちいたしております。
前回、全国芽生会連合会京都大会をお受けしてから19年が立ちます。祇園甲部歌舞練場にてお迎えしました。
当日は確かあいにく雨模様になり、いったい予定通りことが運んだのか、入会間なしのわたしにはそれ以前に先輩方の中で、右往左往していたのが実際のところでしたがそれでも藤舎名生さんの笛の音だけはいまでも記憶にあります。
今回、未曾有の経済状況の中での京都大会ということで、いま京都が全国会員の皆様に何をお示しできるのか、会員一同、前回にまして緊張しながら準備を着々と進めております。
城前理事長の掲げられた「伝統と絆」のテーマのもと、またわたし自身の芽生会活動の決算として、先人方の築き上げられた道筋を絶えず参照しながら、全国の皆様のご期待に応えるべく、またわたしたち自身の足元をしっかり見つめ、新たな展望の見える京都大会にしていきたいと考えております。
何卒多数お出ましいただき、業界の確かな方向性の確認とさらなる絆を深めていただく絶好の機会にしていただくよう謹んでご案内申し上げます。
第57回全国芽生会連合会京都大会は、全国芽生会の会員が一堂に会し、相互の団結と友情を確認し、日本の料理の伝統文化を高揚発展させることを目的として開催されるものであります。また、当京都料理芽生会も本年度、創立55周年の記念すべき節目の年でもあります。この年に全国大会を開催できる栄誉を賜りました事に深く感謝申し上げます。"新たなる未来"のために京都の歴史と伝統文化に触れて頂く企画を風光明媚なこの京都岡崎、観世会館で考えております。また、昨今の日本経済の低迷も日本料理界に甚大な影響を及ぼしています。全国会員の皆様と情報交換をし、議論して頂くことが、各地区の活性化に繋がり、業界自体の発達になると思いますし、又、大いに"絆"を深めて頂きたいと思っています。日本の文化の中心である京都において、全国の皆様に食やもてなしの心を中心とした京都の文化を再発見して頂くことができれば幸いです。お一人でも多くの皆様の参加を一同お待ち申しております。